オリジナルのポリ袋を作るデメリット

オリジナルのポリ袋の意外な落とし穴?

買い物をした時や、ノベルティグッズなどで手にするポリ袋には、配布しているメーカーや個人独自のデザインが施されています。
こうしたオリジナルのポリ袋は、単に商品を入れる用途に限らず、簡易な広告手段としてとても有効ですね。
柔らかくて、場所を取らず、水濡れ防止にもなるポリ袋は、あらゆるシーンで広く利用されています。
制作を請け負っているメーカーも、数千、数万枚単位の企業からの依頼に限定している所から、個人で発注するレベルの依頼も請け負っている所と様々あり、状況に応じて選ぶことが可能です。
このように便利で身近なオリジナルのポリ袋ですが、良い事づくしというわけではなく、そこには意外な落とし穴も存在しています。

オリジナルのポリ袋を作成する際に留意しておきたいこと

ポリ袋は便利な反面、衝撃に弱く、変形しやすいというデメリットがあります。
柔らかな素材でできているため、中に入れた物が袋を内側から破ってしまうこともありますし、大量に物を入れることにも向いていません。
印刷の性質上、摩擦によって文字やイラストが削れたり、他の物に色移りしたりする可能性もあります。
ローコストで作成できて、宣伝効果の期待できるオリジナルのポリ袋ですが、運搬をメインに据えた用途にはあまり適していません。
またデザインの方向性によっては、印刷された内容そのものがユーザーや周囲に嫌悪感を与えてしまう恐れもあります。
折角のオリジナリティが結果としてマイナスなイメージを産み、悪い意味での宣伝効果に繋がってしまうでしょう。

オリジナルビニール袋の場合、デザインに多くのこだわりを取り入れることが可能なため、ショップの個性を出すために大変役立ち、インターネットでも手軽に注文できます。