オリジナルのポリ袋を作るメリット

オリジナルポリ袋は宣伝効果バツグン!

お店を経営している方にとって、販売した商品を入れるポリ袋を無地にするか、それとも印刷してオリジナルのものにするか迷うところです。印刷のコストがかかるので無地を選びたくなりますが、たとえコストがかかったとしてもオリジナルのポリ袋にするメリットはあります。オリジナルのポリ袋の最大のメリットは宣伝効果で、多くの経営者がそれを理由にオリジナルのポリ袋を選択しています。お店の名前が入ったポリ袋をお客さんが持って街を歩くだけで、動く看板となってお店の名前を宣伝してくれるのです。色やデザインを特徴的なものにすれば、ポリ袋に印刷されたお店の名前が見えなくても「あのお店の袋だ!」とわかってもらえて、効果はよりアップすること間違いなしです。また、お客さんが家に帰った後もポリ袋を捨てずに再利用してくれれば、その時に再びお店の名前を見ることになるので、商品を買ってもらったお客さんにも宣伝効果があります。

包装が良ければ商品の魅力もアップ!

同じ品物でも、パッケージが立派だとより良い品物だと人は感じるものです。たとえば、いくら高級なお菓子でもパッケージがそれなりのものでないと、本当のおいしさが感じられなくなってしまいます。あまり大げさになってもいけませんが、商品には中身に見合った袋や包装が必要不可欠です。女性はお気に入りのブランドやかわいい紙袋をとっておく人が多いですよね。やはりパッケージが良いとテンションも上がり、買い物も楽しくなります。買い物をした後に、無地のそっけないポリ袋ではなく、オリジナルのポリ袋を持ち歩く方が気分が良いはずです。同じ商品を買ったとしても、買い物の楽しさをプラスできる魅力をオリジナルのポリ袋は持っています。

オリジナルのビニール袋を作成すると、商品を持ち帰る間広告効果があるというメリットがあります。不快なデザインにすると逆効果になることもあるので注意が必要です。