なぜ店はオリジナルの袋を用意するのか?

宣伝効果を狙っているから

店の商品を入れるポリ袋は、印刷してお店の名前を入れたり、色やデザインを付け加えたり、オリジナルのポリ袋を作成することもできます。もちろん、オリジナルのポリ袋には印刷のコストがかかりますが、それにもかかわらず店はなぜオリジナルのポリ袋を使おうと考えるのでしょうか。その最大の理由は、宣伝効果を期待しているからです。店の名前が入ったポリ袋をお客さんが持ち歩いてくれるだけで、動く看板として店の名前を多くの人が目にすることになり宣伝効果抜群です。色やデザインが独特で、見ただけでその店と認識してもらえるようなポリ袋だとしたら、ますます広告として効果的でしょう。お客さんが帰宅するまで、オリジナルのポリ袋は広告として活躍してくれます。さらに、お客さんがそのポリ袋を家で保管して再利用してくれたら、お客さんは再び店の名前を目にすることになり、そこでも宣伝効果が生まれます。

商品価値を上げるため

オリジナルのポリ袋を使う理由として、もう一つは商品の価値が上がるということがあります。たとえば、プレゼントをもらうときに、きれいな包装紙に丁寧に包まれている場合と、普通の何の変哲もない紙袋に入っている場合とでは、中身が同じでも包装が良い方が価値が高く感じるものです。包装は、商品の価値を高める力があります。店がオリジナルのポリ袋を使う理由には、商品価値を少しでも上げたいという目的があります。大げさすぎるものはもちろん良くありませんが、商品に見合った包装をすることによって、お客さんにより良い商品を買ったという満足感を持ってもらうことを店側は期待しています。コストをかけてオリジナルのポリ袋を用意しても、商品価値を上げられるというメリットを得られると店は考えています。

オリジナルポリ袋は展示会や各種イベント用の手提げ袋として利用できます。各種ポリ袋が安価に制作できます。